新しい 「ジゼル」の誕生… ユニバーサル・バレエ 「グレアム・マーフィーのジゼル」世界初演

新しい 「ジゼル」の誕生… ユニバーサル・バレエ 「グレアム・マーフィーのジゼル」世界初演


豪州トップクラスのスタッフと共に、4作目の創作バレエに挑戦

GM Giselle1

▲ユニバーサル・バレエ「グレアム・マーフィーのジゼル」に出演するファン・ヘミンとコンスタンチン・ノボショーロフの写真。(ニュースカルチャー) ©写真=ユニバーサル・バレエ

ユニバーサル・バレエは来る6月、オーストラリアの振付家、グレアム・マーフィーの‘ジゼル’を世界で初となる公演を行う。

ユニバーサル・バレエは、‘沈清[Shim Chung](1986)’, ‘バレエ・ミュージカル沈清(2007)’, ‘バレエ春香[The love of Chunhyang](2007)’に続く4つ目の創作バレエであり、既存のクラシック・バレエ‘ジゼル’を再解釈する挑戦にいどむ。

オーストラリア・バレエおよび英国バーミンガム・ロイヤル・バレエを経て、オーストラリアのシドニー・ダンス・カンパニー芸術監督を歴任した名振付家‘グレアム・マーフィー’が、ユニバーサル・バレエのために ‘ジゼル’を振付ける。彼は‘白鳥の湖(2001)’を再解釈し、精神病院に入れられるオデットの悲劇を衝撃的に描いたことがある。

‘ジゼル’もやはり、ストーリーの骨格を除く全ての要素が変わる破格的な変身を試みる。ジゼルがアルブレヒトに出会い愛し合うが、裏切られるというあらすじはそのままだが、音楽・振付・舞台セット・衣装などは豪州を代表するスタッフが担当し、新しい作品として生まれ変わる。

映画‘小さな村の小さなダンサー’ の作曲家クリストファー・ゴードンが音楽を担当し、グレアム・マーフィー(Graeme Murphy)と数年間コラボレーションしてきたセット・デザイナー、ジェラルド・マニオン(Gerard Manion)と、衣装デザイナーのジェニファー・アーウィン(Jennifer Irwin)も共に作業する。グレアム・マーフィーのミューズであり妻であるジャネット・ヴァーノン(Janet Vernon)は振付補助をする。

ファン・ヘミン-コンスタンチン・ノボショーロフ, カン・ミソン-イ・ドンタク, キム・ナウン-カン・ミヌがパートナーを組み舞台に上がる。
ジュリア・ムーン団長は、“韓国バレエの水準が世界と肩を並べるほどに素晴らしい発展を遂げたが、一段階さらに成長するためには持続的な新作開発作業が必要だ”と述べ、“世界的なオーストラリアの振付家、グレアム・マーフィーを韓国に紹介し新しいスタイルのバレエがあるということをお知らせしたく、またダンサー達の力量と芸術性が一層成熟することを願う”と期待を表した。

‘グレアム・マーフィーのジゼル’は来る6月13日から17日まで芸術の殿堂オペラ劇場にて公演される。

[公演情報]
公演名: バレエグレアム・マーフィーのジゼル
振付: グレアム・マーフィー(Graeme Murphy)
振付補: ジャネット・ヴァーノン(Janet Vernon)
音楽: クリストファー・ゴードン(Christopher Gordon)
演奏: プライム・フィルハーモニック・オーケストラ
指揮: ミハイル・グラノフスキー
公演期間: 2015 613~17
公演場所: 芸術の殿堂 オペラ劇場
出演: ファン・ヘミンコンスタンチン・ノボショーロフ, カン・ミソンイ・ドンタク, キム・ナウンカン・ミヌ他、ユニバーサル・バレエ団員
チケット: R 10万ウォン/ S 8万ウォン/ A 6万ウォン/ B 1万ウォン

[ニュースカルチャー=ソン・ヒョンジ記者]

 

[News Culture]

http://newsculture.heraldcorp.com/sub_read.html?uid=47330&section=sc158

 [Newsis]

http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20150513_0013658859&cID=10702&pID=10700

 [SportsQ]

http://www.sportsq.co.kr/news/articleView.html?idxno=41712