ユニバーサル・バレエ出身 イ・ヒョンジュン−ソン・ユヒ、「タルサバレエ団」プリンシパルに昇格

ユニバーサル・バレエ出身 イ・ヒョンジュン−ソン・ユヒ、「タルサバレエ団」プリンシパルに昇格


13648081108958AKR20130401177100005_01_i_59_20130401165619

ユニバーサル・バレエ出身の2人のダンサー、イ・ヒョンジュンとソン・ユヒが「タルサバレエ団」に入団して3ヶ月あまりでプリンシパルに昇格した。

 

 

彼らは「シニア ソリスト」として当初契約していたが、入団直後に「椿姫」の主役に抜擢され注目を集めた。 また、イ・ヒョンジュンとソン・ユヒは昨年10月に3年間の恋愛の末、夫婦の縁を結んだ舞踊家夫婦で、さらに話題の的となっている。 二人は昨年12月に(ユニバーサルバレエの)「くるみ割り人形」公演で韓国国内最後の舞台を締めくくった。

 

「タルサバレエ団」は前ユニバーサル・バレエの プリンシパルであった「ワン・イ」と仙和芸術学校出身のバレリーナ「チョ・スヨン」がプリンシパルで活動したカンパニーである。 ユニバーサル・バレエのジュリア・ムーン団長は、「イ・ヒョンジュンさん、ソン・ユヒさんはいかなる役割を与えてもよく消化するダンサーだ。 信頼のおけるダンサーで確固たる実力を持つ人材なので、昇格が早くなったようだ。 今後の舞台が期待できるうれしい便りだ」と、祝辞を伝えた。

 

 

ダンサー イ・ヒョンジュンの長い間のパートナーであり、いとこの姉でもあるユニバーサル・バレエ プリンシパルのカン・イェナは「ヒョンジュンのように一度も留学経験なしでひたすら韓国だけでバレエを学んできたダンサーが、米国に進出しプリンシパルにまで上りつめたということは家門の慶事であるし、韓国バレエの誇りだ。 新しい家族であるソン・ユヒまでプリンシパル昇格をすることになり、喜びが2倍になった」と祝いの言葉を述べた。

 

 

 <NEWSTAGE>

http://www.newstage.co.kr/news/view.html?section=1&category=3&no=16519

<NAVER>

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=003&aid=0005063382

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=001&aid=0006179487