<新年の人>怪我から立ち直ったバレリーナ キム・チェリ

<新年の人>怪我から立ち直ったバレリーナ キム・チェリ


AKR20131227184400005_01_i_59_20131229063211

リハビリを終え、2014年2月UBCガラ舞台に復帰

 

ユニバーサル・バレエ(UBC)は2013年3月シーズン初めての作品で古典バレエ「白鳥の湖」をリリースしながら次世代バレリーナ キム・チェリ(23)氏を電撃キャスティングした。

 

相反したキャラクターである白鳥「オデット」と黒鳥「オディール」の1人2役を一つの舞台上で見せなければならない難しい役柄だが、キム氏は細い白鳥とカリスマあふれる黒鳥を成功裏に消化して好評を受けた。

 

しかし喜びもつかの間、地方公演リハーサルの途中、倒れて右膝十字靭帯が切れ手術を受け2013年はずっと舞台を離れていなければならなかった。

 

そのようなキム氏が血のにじむようなリハビリ訓練を終え12月の始めにバレエ団に戻ってきた。

 

彼女は最近インタビューで「バレエがとてもしたかった」と愉快に笑った。

 

「リハビリ訓練の時に使う筋肉と、バレエ用筋肉は違うので今月の初めからバレエ団に戻って筋肉を鍛えています。 2014年2月にバレエ団30周年記念ガラ舞台からまた舞台に上がることになると思います。」

 

ところで、思いきり飛び立とうとしたら怪我に足をとられる挫折を体験した人間らしくなく声に余裕がにじみ出る。

 

「私はもともとちょっと楽天的ですね。 良くないことが起こってずっと考えると憂うつになりそうなので忘れようと努力する方です。 かえって「私にこのような状況が与えられた時は何か理由があるだろう」と考えて与えられた時間を軽く送らないように努力しました。」

 

一日に6~7時間ずつリハビリ訓練にしがみつき、残る時間は今までバレエに集中していて持てていなかった「私だけの時間」を持つことに集中した。

 

7才にバレエを始めた彼女は仙和(ソンファ)芸術高校1学年に在学中だった2007年スイス、ローザンヌ バレエコンクールで3位に入賞し特典で米国、ニューヨークシティバレエ団傘下アメリカンバレエ学校に奨学生で入学した。

 

卒業直後である2009年ユニバーサル・バレエに特別採用入団し今まで人生の大部分をバレエとともに送った。

 

AKR20131227184400005_02_i_59_20131229063211

バレリーナ キム・チェリ。 写真キム・ギョンジン。ユニバーサル・バレエ提供。

 

彼女は初めて訪れた余裕をどのように受け入れたのだろうか。

 

「ミュージカル、コンサート、演劇、バレエ公演を頻繁に見て歩きました。 その中でもスペイン国立フラメンコ バレエ団の公演が記憶に残っています。 ダンサーが踊る時の力と観客を圧倒する雰囲気を見ながら踊りの世界に入って踊っているというのが感じられました。」

 

舞台を離れている間にバレエに対する飢えとなぜ踊るのかどうかに対する考えも深くなったという。

 

「舞台に立つにはとても大変な時間を過ごさなければならないですが、それでも舞台に立つのが幸せなことなんですよね。 それを悟ると舞台に立つ人々がうらやましくてバレエが大切に感じられました。」

 

リハビリ期間に周囲の多くの慰労と激励を受けたが、その中でも去る7月に引退したバレエ団の前プリンシパル カン・イェナの助言が特に記憶に残ったという。

 

「イェナ姉さんも膝負傷のために苦労を多くしたためか私に「慰めよりは事実に基づいた忠告やアドバイスをしてあげたい」と仰ってくれました。 毒舌のように聞こえるような予測可能な最悪の状況まで数え上げながら対応法を教えてくれたのですが、慰めにもなったしとても役に立ちました。(笑)」

 

大きな手術の後、戻って来た舞台が不慣れに感じたり恐ろしくはなかったのだろうか。

 

「思ったより痛みも激しくなくてバレエの感覚も心配したほど鈍っていなかったようです。 長く休んだという感じよりはしばらく休暇に行ってきたような感じです。 ケガした足を手術したのでもっと丈夫になったと思います。」

 

久しぶりに帰ってきた舞台に対する覚悟を尋ねると「手術して弱くなったのでなくさらに強くなっただけに「怪我をしたらしいけどやっぱりいまいちだね」という声は聞きたくない。 もっと熱心に準備して待っていて下さった観客に良い舞台を見せてさしあげる」とした。

 

負傷を払いのけてさらに強くなって帰ってきたキム・チェリは再び新しい夢を見ている。

 

「バレエ団が来年6月「ジゼル」を公演するのですがバレリーナとして必ずやりたい公演でした。 感情演技やキャラクター分析のために難しいのですが欲しい役柄ですね。 もし私が「ジゼル」舞台に上がることになったら必ずインタビューしに来て下さらないとですよ。 (笑)」

 

 

【NAVERニュース】

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=001&aid=0006673361