ジュリア・ムーン ユニバーサル・バレエ団長、「今年の女性文化人賞」受賞

ジュリア・ムーン ユニバーサル・バレエ団長、「今年の女性文化人賞」受賞


PS14100400057

ジュリア・ムーン ユニバーサル・バレエ団長(52)が「2014今年の女性文化人賞」の受賞者に選ばれた。 女性・文化ネットワークが主催し、女性新聞社が主管、文化体育観光部が後援する行事で今年で7回目を迎えた。 女性文化人のロールモデルを発掘しようという趣旨で制定され、受賞者には文化体育観光部表彰と賞金が授与される。 授賞式は8日ソウル、太平路(テピョンノ)プレスセンター国際会議場で開かれる。 歴代女性文化人賞受賞者にはイム・スンレ映画監督とチュ・ミンジュ演出家、パク・カーリン芸術監督、シム・ジェミョン代表、プロデューサーソ・スミン、歌手イン・ス二等がいる。

 

ジュリア団長は不毛地に近かった韓国バレエを世界水準のバレエに向上させるにおいて中枢的な役割を果たした。 1984年にプリマバレリーナとしてユニバーサル・バレエに入団し、後に団長となり、現在はユニバーサル文化財団理事長としても活動中だ。 韓国最初の民間職業バレエ団を30年間運営しながらバレエの大衆化と韓国バレエの世界化に寄与した功労を認められ、賞を受けることとなった。

 

ユニバーサル・バレエは古典バレエから現代バレエまで多様なジャンルの公演を上演してきた。 韓国バレエ団として最初に海外ツアーを開始し、バレエ韓流の元祖といえる創作バレエ「沈清(シムチョン)」を28年間公演して、国際社会における韓国文化のイメージを高める役割を果たした。 代表レパートリーには「オネーギン」「ジゼル」「春香(チュニャン)」等がある。

 

その他にも「女性文化芸術家後援賞」にイ・チュンヒ(60)エトロ代表理事、創意的な文化活動を行ってきた女性文化コンテンツ制作者に授与する「青江文化賞」には絵本作家クォン・ユンドク(55)が選ばれた。 「新進女性文化人賞」にはソン・シヨン(39)京畿(キョンギ)フィルハーモニック・オーケストラ芸術団長をはじめとして演劇演出家オ・スンス(41)等9名が選ばれた。

 

【edaily】

http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?SCD=JI71&newsid=01482566606249640&DCD=A407&OutLnkChk=Y