「10年後韓国を輝かせる100人」限界はない…失敗も楽しみながら走ってきた(100個の夢

「10年後韓国を輝かせる100人」限界はない…失敗も楽しみながら走ってきた(100個の夢


54131132.1 54133550.1 54135278.1

 

安定した医師の生活。しかし、思い切って蹴って出てきた。 何の経験もなく事業にやみくもに飛び込んだ。 最初から障害物があふれていた。 成功より多くの失敗を味わった。 しかし恐ろしくはなかった。 失敗から何も学ばないという事実が恐ろしかっただけだ。 13年が流れた今、彼は堂々とバイオ企業の代表になった。 ヤン・ユンソン メディポスト代表(49)の話だ。

 

東亜日報が今年選定した「10年後韓国を輝かせる100人」にはこのように失敗を恐れず夢を追って、新しい道を切り開いた人物が多数含まれた。今に安住しないでビジョンに向かって走ろうとする努力があったので可能なことだった。 今年100人は、◇夢見る開拓家22人 ◇挑戦する経済人28人 ◇未来を開く指導者11人 ◇自由な創造人25人 ◇行動する知性人14人で構成された。

 

「挑戦する経済人」部門には大企業の経営者が多かったが、ソン・イルチョン enbiocons代表理事(50)のように中小企業を作った企業家も目につく。 租税の定義ネットワーク東アジアチャプターのイ・ユヨン代表(43)の選定は、成長に劣らず経済正義を重視する現実を反映している。 この団体は租税避難所を中心に繰り広げられる域外脱税を監視・告発する国際非政府機構(NGO)だ。

 

「夢見る開拓家」部門では、自身の限界を跳び越える努力の末に今の地位に上がり10年後を見通す人物が多かった。 ノ・テウォン ソウル大物理天文学部教授(56)は米国留学時の専攻を国内に戻ってきて果敢に捨てた。 400万ウォンを持って清渓川(チョンゲチョン)で装備を製作して、新たな研究を開始した。

 

昨年の大統領選挙の影響なのか「未来を開く指導者」部門では新しい顔がたくさん含まれていた。「自由な創造人」部門では、エンターテインメント業界の威力が相変わらずだった。 代表的にはヤン・ヒョンソクYGエンターテインメント代表(44)が昨年に続き2年連続で選ばれた。

 

特別取材チームは100人を選定するために8人の諮問委員に任せて、未来人材像に対する助言を求めた。 キム・ヒョンオ前国会議長(66)は「大韓民国の未来を導いていく人材ならば世界的な競争力を備えなければならない」と話した。イ・ギルヨ嘉泉(カチョン)大学総長(81)は「今後10年後世界は誰がさらに優れた夢を見るのかにより勝敗が分かれるだろう」とガイドラインを提示した。

 

諮問委員団の助言を土台に推薦委員336人が1段階で100人候補を最大3人ずつ推薦した。 2段階では候補517人を置いて推薦委員が再び5人ずつ選定した。 この過程で推薦委員は、◇世界的競争力 ◇洞察力 ◇優れたビジョンなどの定規を基準とした。

 

特に今年は21人が通算3回100人に選ばれて「名誉の殿堂」に上がった。 昨年確定した名誉の殿堂20人に続き「名誉の殿堂」に上がった100人は全41人に増えた。 来年からはこれらを除いて新しい人物をさらに積極的に発掘する方針だ。

 

選ばれた100人が10年後自身と韓国の姿、教育観、競争者、原則など6個の質問に送ってきた返事原文は東亜ドットコム(http://news.donga.com/ISSUE/100people)で見ることができる。 関連記事は同じアドレスのモバイルとチャンネルAが報道する。

 

 

◆K-POP…..3D技術…..未来を事前に描いた100個の情熱◆

 

 

■ 100人、目を引く人物

 

Boa、キム・チェリ、ソ・ソニョン、コ・ボギョン…..10~20台女性たちパワー際立つ

イ・ビョンホ教授はディスプレイ先駆者に

 

小さな体格の14歳少女が舞台に単独で上がった。 2000年8月だった。 以後13年という歳月が流れた。 多くの修飾語がついた。 韓流1世代、アジアの星、歩く中小企業…..「第2のBoa」または「リトル ボア」が毎年溢れ出ながら彼女に向かったスポットライトは徐々に減るようだった。

 

少女は大人になりながらまた他の潜在力を見せ始めた。 歌手Boa(27)が「10年後韓国を輝かせる100人」に選ばれた理由だ。 歌手でなくプロデューサーの資格で。 推薦委員は「Boaは10年後が期待されるプロデューサー」として「最近放送プログラムで見せてくれた卓越した能力はK-POPを世界に伝達する新しい主役という観測を出すことにする」と評価した。 Boaも「後輩を養成するプロデューサーの道が意味あるようだ」と感想を明らかにした。

 

今年100人に合流した人物にはBoaをはじめとして10、20代女性が目につく。 特に「自由な創造人」部門で女性パワーが目立った。 ユニバーサル・バレエの次世代主役に選ばれるバレリーナ キム・チェリ(23)、チャイコフスキー国際コンクールで東洋人最初に1位を占めたソプラノ ソ・ソニョン(29)、米国とヨーロッパ女子プロツアー最年少アマチュア優勝記録保有者であるゴルフ選手 コ・ボギョン(16)が女性パワーの主役だ。

 

一つの分野を離れずに数十年の間全てを懸けてようやく光を見た方もいる。 「夢見る開拓家」に選ばれたジョン・ハン I3システム社長(53)はミサイル タンク衛星など先端武器用赤外線センサーだけを研究した。 修士の時から25年間だ。 イ・ビョンホ ソウル大電気情報工学部教授(49)は、メガネなしで見ることができる3Dディスプレイ基礎固有技術を世界で初めて開発した。 中高校時期電波科学史で発刊された科学翻訳書を読みながら、科学研究者の道を歩きたいと考えた。

 

「挑戦する経済人」分野のパク・ヨンマン斗山(トゥサン)グループ会長(58)と、「自由な創造人」分野に含まれた息子パク・ソウォンBig Ant International代表(34)は家庭教育の重要性を新たに見せる。 パク会長は人間に対する考えを先代から教育を受けたといった。 人をどのように把握するのか、考えが違う時どんな点を考慮するのかを習ったという話だ。

 

パク会長は正しい人間としての姿勢を息子に教えようと努力した。 パク代表は「自分が望むことを自ら探して行くように見守ってくれた両親の開放的な家庭教育が最も大きな助けになった」と話した。 続いて子供たちにも必要なこと、得意とする分野を自分で探すように教えたいと付け加えた。

 

故イ・テソク神父の空席を埋めるために黙々と奉仕する「行動する知性人」もいる。 ノ・ドンヨン ソウル大病院癌診療副院長(57)は2003年韓国乳房健康財団(ピンクリボン)を設立した。 乳癌に対する社会的認識変化を引き出したという評価を受ける。 ノ院長は「田舎のお年寄りから治療費の代わりにさつまいもとカボチャを受けとったお父さん(ノ・グァンテク前ソウル大病院長)を見て、私も喜んで他人を助ける医者になると決心した。 10年後には、これまで培った医学知識と経験を活用して健康運動家になりたい」と話した。

 

 <dongA.com>

http://news.donga.com/3/all/20130402/54131148/1